fc2ブログ

膀胱の調子が気になるときに

膀胱炎頻尿など、膀胱の調子が気になるときにおすすめの反射区を紹介します。
IMG01088.jpg
水色は、膀胱の反射区(膀胱と繋がっている足の部分)です。
青色は、腎臓、輸尿管、尿道、胸椎、腰椎、仙骨、リンパ腺の反射区です。

膀胱の反射区と、赤く塗っている箇所に
小さな塊のようなものや
コリコリしたものや
ペースト状のものがある場合もあるかもしれません。

そんな時は、クリームなどを塗って
その場所を押しつぶすように押してください。
毎日続けていくうちに、変化していくと思います。

また、頻尿の場合には
下記URLに簡単な体操も載っていますので、参考にしてくださいね。(NHKガッテンのHP)
https://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20161019/index.html
お尻体操、おすすめです。
(以前に記事内のコメントでも書きましたが、改めて)

足もみ(リフレクソロジー)をする際の基本的なことは、ブログ内の下記記事を参考にしてくださいね。
足もみ時に大切なこと

食後1時間は避けてください。
クリームなどを塗って行いましょう。
終わったら白湯などをコップ一杯飲みましょう。

小さな反射区は、ぐっと押す。
広めの反射区は、押して、そのままスライドさせる がおすすめです。

手でも足もみ棒やレンゲなどを使ってもOKです。

刺激は弱すぎても駄目ですが
あまりにも痛いほど、強くするのはやめてくださいね。
スペイン人の医師でリフレクソロジーをされているマンサナレス先生も、そう話しておられました。

お役に立てれば何よりです。

そして、どうか、ストレスをためないように、上手く解消しながら、無理をなさらないでくださいね。

あなたの足からの健康、応援しています♬

CIMG8889.jpg
とんびさん💛



関連記事

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

りりこさんへ

りりこさん、こんにちは!
過活動膀胱、落ち着いてきたとのこと、よかったですね。
健康って尊くて、素晴らしいことですよね。

足の骨、骨折していたのですね。
どうか無理をしないでくださいね。

足が骨折していたり、怪我をしていたら、足のケアはできませんね。
その代りに、足の反射区と同じ位置の手の部分を押したりもみほぐしたりしてみてください。
手にも反射区はありますよ☆

耳鳴り、気になりますよね。。。
少しずつでもよくなりますように。

以前に耳鳴りについての記事を書きました。
よかったら手の同じような場所を刺激してみてくださいね。
足よりも手の方が気軽に触れることができると思うので♪

https://youraisemeup.blog.fc2.com/blog-entry-524.html

心も身体も元気が一番ですよね。
最低限すべきことを何とかしたら、あとはできる限りゆったりと、過ごしてくださいね。
誰かにお願いできることがあれば、遠慮なくお願いしてくださいね。

りりこさんのことは、りりこさんが一番わかっているのだから、決して頑張りすぎないでくださいね!!!

こんばんは(^^)
過活動膀胱はまだ漢方薬は飲んでいますが落ち着いてきました!
あまりトイレのことを考えずに生活できてほっとしています。
今は気圧の関係や日々のストレスもあるのでしょうが、耳鳴りが酷くなりました。
薬を飲んでも治りませんが、耳鳴りの音が大きくなったり、響いてしまうと気になりますね(>_<)

先日整形外科へ行ってきたのですが、骨折していました!
足の甲の小指側の骨が斜めにキレイに折れていました〜
今は足の裏の刺激はできません(@_@)
ギプスが外れるまでは足腰に負担がかかるので、ストレッチはしています!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

よっしー

Author:よっしー
あなたが笑顔になれるような癒しをお届けできればうれしいです。

詩集(電子書籍)発売中です。
『あなたの笑顔を見たいから』(佐伯真依)by Amazon&楽天Kobo

若石健康法リフレクソロジスト&AEAJ認定アロマテラピーインストラクター

全記事(数)表示
全タイトルを表示
**********
読者登録フォーム


提供:PINGOO!
**********
人気ブログランキングへ 60歳代ランキング
60歳代ランキング
********

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
********
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター